« 承認要求が高い人たちを見ていて思う | トップページ | 職場の人が洗濯用の洗剤で洗髪している »

2019年5月13日 (月)

働き方も今は色々だけどそろそろタクシーに乗ろうかな

この前、職場でよく一緒になる男性と雑談をしていた。彼はまだ30代、年下なので俺とはまた考えていることが違うところが少しあり、まだまだこれから。そういった感じの、割と楽観的な人に感じた。

今は一昔前のような終身雇用はなくなりつつあり、働き方も本当に色々。とは言ってもまだそのための制度が整った社会だとは言い難いところがある。派遣やフリーター、そういった働き方を自ら選択する人たちも結構増えているらしい。それは仕事が見つからないから、という理由ではない場合も結構多いそうだ。

プライベートの時間が多めに欲しいから、また企業や組織にそこまで強く縛られたくないから、そういった理由であえてバイトを掛け持ちするような生活を選ぶ人も増えていると聞く。保障は企業に就職するよりもないかもしれないけど、時間の自由は自分で調整できたりして、またバイトでも掛け持ちすれば会社員と同じぐらいの収入を得ることは十分できる。

ただ、それで一生やって行くのはキツイかもしれない。ということで工場を転々としている俺もそろそろ次の仕事を真剣に考える必要がある。本当は。そろそろ工場勤務も体力的にキツイ年齢になってきたし、もう少し保障があり年齢が上がっても続けられる仕事としてタクシー運転手はどうかと以前から考えてはいた。

ネットで色々とタクシー会社への転職に関するサイトを見ていたら、お勧めの本が出てきた。「タクシーの転職に成功するガイド」という本だった。あまり高くないし、買ってみようと思う。たまにはこういったものをしっかり手にとって読んで、じっくりと考えるのも悪くない。

タクシー会社で働くことにおいて色々とアドバイスが書いてあるみたいだけど、基本中の基本は本の紹介の文章に書いてあった。最低限の接客マナーは必要、そして安全運転も当たり前、まあこういったことは当たり前すぎる。そして自分の年齢、体力、その日の体調によって何人ぐらいの乗客を乗せるか、自分で賢く決めることも大事だとか。

中には無理してぶっ続けで何人も乗客を乗せ、あまり休憩せずに運転し続けたドライバーが体調不良でしばらく働けなくなってしまったという例もあったそうだ。まあそれは気をつけなくてはならない。どういった仕事をするにしても自分の体調を無視した働き方は良くない。

とりあえず工場勤務よりはタクシー運転手の方が長くできるし安定しているし、運転技術も改善するといった点もある。とりあえずネットで見かけた例の本を注文して読んでみようと思う。

« 承認要求が高い人たちを見ていて思う | トップページ | 職場の人が洗濯用の洗剤で洗髪している »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 承認要求が高い人たちを見ていて思う | トップページ | 職場の人が洗濯用の洗剤で洗髪している »